他社との違い・特徴

【特徴1】ノースハンドグループとの医療連携

ケアビレッジ ライル 温品調剤薬局グループ、ノースハンドグループとの強いつながりがあります。
在宅医療情報共有システム(N-SYSTEM)を導入し、これまで培ってきた薬局や医療機関とのつながりを生かし、 医師・薬剤師・提携企業が連携、情報を共有することでご利用者様の生活を万全の体制でサポートいたします。

ケアビレッジライル温品の医療連携

医療連携システム「N-SYSTEM」について

従来のアナログ管理の介護記録を、N-SYSTEMによって、クラウド化しました。
スムーズな情報共有、良好な医療連携、介護スタッフの介護記録業務の軽減を実現する、画期的なシステムです。

【特徴2】機能訓練

早稲田イーライフ温品は介護予防特化型のデイサービスです。
将来、介護が必要にならないために、それぞれの今の身体に合ったリハビリプログラムで、無理なく楽しく運動習慣を身に付けていただきます。

運動の必要性

1571運動を習慣化する事で、転倒予防や介護予防になります。さらに運動をすることにより認知症に効果があるといわれています。
身体面への有効性とともに精神面への効用も注目されています。

>>詳しくはこちらをご覧下さい

園芸・畑

施設内には畑もあり、securedownload-jpgimo園芸や畑など趣味の時間を楽しめます。

畑作業をするというのは、認知症予防にも最適であると言われています。

サービスや施設に関する疑問や質問など、お気軽にお問い合わせください。電話番号は082-289-0006