在宅医療情報共有システム(N-SYSTEM)との安心連携

ケアビレッジ ライル 温品調剤薬局グループノースハンドグループとの強いつながりがあります。
在宅医療情報共有システム(N-SYSTEM)を導入し、これまで培ってきた薬局や医療機関とのつながりを生かし、
医師・薬剤師・提携企業が連携、情報を共有することでご利用者様の生活を万全の体制でサポートいたします。

医療連携システムN-SYSTEMについて

これまで介護施設の介護記録はアナログ管理で行っており、各スタッフに依存する部分が多くありました。

また、医療や薬局、看護、運営本部などと情報を共有する場合、紙媒体または口頭に頼っており、情報共有の為に書類を
まとめる作業時間や口頭共有での「伝えた」「伝えられていない」といったトラブルも多いのが現状です。

アナログ管理からデジタルの時代に

その課題に着目し、ノースハンドグループにて開発を行ったのが「N-SYSTEM」です。

この「N-SYSTEM」によって、介護記録をクラウド化し、ご利用者様の情報をインターネット上で一括管理・閲覧・共有することが可能となりました。

介護スタッフの介護記録業務や護施設内の情報共有などをスムーズに行うことができ、良好な医療連携が実現し、ご利用者様にも快適な生活を送って頂くことが実現しています。

在宅医療・介護を活性化:N-SYSTEMの相関図

N-SYSTEM公式サイトはこちら

サービスや施設に関する疑問点やご質問など、
お気軽にお問い合わせください

このサイトを広める